« 『ETERNAL CHIKAMATU』 | トップページ | 桜の季節に。 »

『焼肉ドラゴン』

Dsc_1933

鄭 義信 監督の三部作 1作品目。

@ 新国立劇場

万国博覧会が催された1970(昭和45)年、関西地方都市。

高度成長に浮かれる時代の片隅で、「焼肉ドラゴン」の

赤提灯が今夜も灯る。

店主・金龍吉は太平洋戦争で片腕を失ったが、

それを苦にするふうでもなく淡々と生きている。

家族は、先妻との間にもうけた2人の娘、後妻・英順とその連れ子、

そして英順との間に授かった一人息子・・・。

ちょっとちぐはぐな家族と、滑稽な客たちで、

今夜も「焼肉ドラゴン」は賑々しい。ささいなことで泣いたり

いがみあったり、笑いあったり・・・。

そんな中、「焼肉ドラゴン」にも、しだいに時代の波が

押し寄せてくる。(パンフレットより)

俳優さんたちがみんな熱い。

素直な情熱が、感情が、そのまま伝わってきて

笑って泣いて、一緒にその場にいるような錯覚に。

再再演らしいんですけど

わかるなぁ。

きっと長く愛される作品でしょう・・。

席は5列目。サイドブロックセンター寄り。

Dsc_1931

ゆうごはんshine

* 和風ハンバーグ + 人参グラッセ

* 鯵のお刺身

* サラダ(トマト・卵・レタス・キュウリ)

* お味噌汁(お豆腐・玉葱)

* 玄米ごはん

最近、簡単で美味しく炊ける、玄米を見つけて

私はほぼ玄米にしてます♪

みんなは白いごはんの方がいいらしいんだけど。

私は好きなんです、玄米。

小さいころ、おばあちゃんが食べてて

美味しそうだったんだよなぁ。

玄米見て、おばあちゃんを思い出すなんて・・・・・・・。

Dsc_1845

僕の毛が逆立ってるのはね、

おうちに排水口のお掃除の人が来てるからなんだ。

がーがーっておっきい音でね

ちょっと怖いんだ・・・・(泣)

|

« 『ETERNAL CHIKAMATU』 | トップページ | 桜の季節に。 »

ごはん」カテゴリの記事

ウィル王子」カテゴリの記事

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『ETERNAL CHIKAMATU』 | トップページ | 桜の季節に。 »